30代からのファッション感

若い頃はファッションが好きで、洋服に沢山のお金を費やしてきました。

アパレルショップに服を見に行くと、自分に似合っていて、お値段も許容範囲をクリアしていればまず買っていました。

流行りの服を着ていると自信がついたし、上手く服を組み合わせてアレンジするのも楽しかったです。

クローゼットにはぎゅうぎゅうに服が詰め込まれていて、自分が何着の服を持っているのかわかりませんでした。

しかし、断捨離という言葉が数年前から流行りだし、自分も取り入れられる部分だけは少しずつ取り入れてきて数年経った今は、自分のファッションへの考え方が少し変わってきました。

もちろん、今でもファッションは楽しいです。

自分に似合う服を着ると気分が上がります。

でも、流行りや外見に振り回されるのをやめました。

するととっても気持ちが楽になり、もっと大事な心の豊かさなどに自分のエネルギーを注力できるようになりました。

30代以降の衣服関係を整えるためにまず最初にしたことは、流行の型ではなく普遍的な型の中でどんなコーディネートをしたいのか自分でイメージしました。

流行りの服はオシャレだけれど、2〜3年後の流行が過ぎた頃に着ると逆にダサい感が出るので着られなくなります。

それは自分にとってコストパフォーマンスが悪いと思いました。

イメージしてみると私が着たい普遍的な服は、《長めのスカートに流行りとは関係のない普通かもしくは少し可愛い工夫のしてあるトップスの組み合わせ》それか、《少しシュッとして足首が細く見える細めのパンツに上記と同じようなトップスの組み合わせ》だなとわかりました。

そして次は季節ごとに各アイテムの枚数を考えました。

例えば夏なら、Tシャツもしくは半袖トップスを計5〜6枚、スカートもしくはパンツを計4〜5枚、などです。

若い頃は枚数の管理もせずに服を買いすぎていました。

これからは、クローゼットに少しずつ隙間があって風通しの良い状態にして服を長持ちさせるような品のある大人を目指そうと思っています。

なので各アイテムの必要最低限の枚数をだいたい決めて、いらない服を断捨離しました。

とはいえ、「勿体ない」という染みついた癖があるからか、ぴったり必要最低限の枚数まで全ては捨てられず、「これは洗濯が間に合わなくなった時や、災害など臨時の時のため」という理由をつけて少し多めに残しています。ほぼ出番はありませんが奥にしまってあります。

そして、とても嬉しいことに枚数を絞ると買い過ぎて浪費することがなりました。

枚数を少なくした分、本当に買いたいブランドのちょっと高いと思っていた服を買っても若い頃に衣服に費やしていたお金とほとんど変わりないことに気づき、今はとっても幸せです。

上手に服と付き合えているなと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です